手術室担当看護師とは

看護師は働く場所によって求められる適正が異なります。
業務の内容も診療科によって大きく異なりますが、中でも手術室を担当する看護師は特に他の診療科とは違った特徴があります。

手術室で働く看護師の仕事には器械出しと呼ばれる直接介助、外回りと呼ばれる間接介助、記録があります。
手術室担当の看護師の業務内容は病院によって、そして行われる手術の内容によって異なりますが、手術チームの一員として働くという点はどの病院でも同じです。

手術室の看護師に求められる能力としてはまず高いコミュニケーション能力です。
患者と関わる病棟の看護師に比べて、手術室担当の看護師にコミュニケーション能力は必要ないのではないかと思われていることも多いようですが、実際はそんなことはなく、オペ室でこそ高いコミュニケーション能力が必要とされています。
手術という小さなミスが大きな事故につながるような状況のなかで円滑にコミュニケーションが取れないというのは大きな問題です。
協調性があり、円滑なコミュニケーションを取れる人が手術室では求められています。

さらに、手術を受ける患者の状態を把握したり、手術の流れを読んで、その時その時に応じた臨機応変な対応ができるというのも手術室で働く看護師に求められる重要な能力です。
手術室ではいろいろなアクシデントが起こる可能性があります。
そうした緊急事態に冷静に対応できる精神的な強さも手術室担当の看護師には必要です。

手術室には病棟にはない独特の緊張感があります。
医師は患者の命を握り、そのサポートをする看護師にも高いクオリティーの仕事が求められているのです。
「強い精神力と体力」が手術室担当の看護師に最も求められるスキルと言えるかもしれません。
手術は長時間に及ぶこともありますし、患者の命に直接関わる仕事とミスは許されないという緊張感を長いあいだ維持できるかどうかというのはとても重要なポイントです。

もし、手術室担当の看護師を志すのであれば、こうしたポイントもよく考慮して手術室担当の看護師の求人を探してみましょう。オペ看として転職したわけではない看護師でも、たまたま経験したオペ看が自分に合っていた!ということもあるようです。自分には無理、と思う前に見学などしてみてもいいかもしれませんね。
もちろん、器械の名称や使用目的、器具の名前など通常の病棟勤務では聞きなれない用語や特別な知識も求められる職場です。
勤務の合間に学ぶべきことも多い職場と言えます。
向上心をもって業務に向かう姿勢も大切です。

専門性も高い職場であり、大変な職場であるだけに、他の診療科にはないやりがいも感じることができる職場です。

コメントを残す