オペ専門の看護師に求められるスキル

医療ドラマが花盛りだ。オペ現場の緊迫した雰囲気が、画面から伝わってくる。医師が「メス!」といえば、看護師がその手のひらに、サッとメスを差し出す。あの行為を「器械出し」というらしい。ところが、現場ではあんなに簡単なことではないらしい。オペ専門の看護師は、心臓外科や消化器外科、泌尿器科、脳神経外科などすべての診療科目の手術に立ち会う。診療科ごとに使用する器具は当然違うし、開腹手術なら20や30という種類の器具を使い分けるのだ。

オペ専門の看護師は、一般病棟勤務の看護師とは異なるスキルが要求される。執刀医を的確にサポートし、手術を遅滞なく進めることに専念しなければならない。オペ専門看護師は、患者とのコミュニケーションを取ることはほとんどないが、一般病棟勤務の看護師のやらない「器械出し」や「外回り」をやる。

さらに、オペ専門の看護師は、「メス!」と医師からいわれてからメスを探すようでは、間に合わない。手術の進み具合を見ながら、次に要求される器具を予測し、医師が要求したらサッと差し出すことが求められる。また「ハサミ」にもいろんな種類があり、「ハサミ」と告げられたら、看護師側で瞬間的に判断し、適切な「ハサミ」を差し出す必要がある。

オペ専門の看護師は、手術の全般を把握していなければ、こんな芸当は不可能だ。一般病棟の看護師に比べて、やることがたくさんあり、責任も大きいが、やりがいを求める看護師にとっては、魅力的な業務だ。

コメントを残す